大久保のホテヘル嬢は精液好き?

風俗雑誌を書店で立ち読みしている内に我慢できなくなり、貯めておいた貯金から数万円を引き出してしまいました。お目当ての風俗は大久保のホテヘルで基本サービスに含まれている口内射精に魅力を感じてしまいました。

指名するコンパニオンは第2候補の女の子で、店員さんが仰るにはかなりのスケベ女子ということです。スケベだと私も負けていないのでホテルで勝負をつけてやるという気持ちで部屋へと向かいました。

先にお風呂で入念に体を洗って、さらに歯磨きもしておきました。その間にコンパニオンが到着して初めて対面を果たし、じっくりと舐めるように体を観察しました。

スリーサイズはプロフィールどおりという印象でしたが、見た目を見るかぎりスケベ女子という雰囲気はありませんでした。しかし、この後ベッドでプレイが開始されるとスケベ女子の本性が露になったのです。

最初は丁寧にマッサージをしながらコミュニケーションをとっていましたが、徐々に舌や唇の動きが淫乱になっていき、最終的にはお尻の穴をふやけるまでしゃぶり尽くしていました。

同時に手でシゴかれていたので射精の準備は万端でした。私が射精したいということを伝えるとコンパニオンは四つん這いになった私の股に頭を突っ込んできて、口の中に私の精液を受け止めてくれたのです。

すべてを出し終わるとコンパニオンは私の精液を舌で転がしながら飲みたいと懇願してきたのです。しかし、ゴックンはプレイ内容には含まれていなかったので、なぜか私の方から手のひらに出すことを勧めました。